輪郭注射がおすすめ

顔

外科手術を希望しない人に

美容整形によって小顔矯正をするには、あごの骨を削り取って形を整えるといった整形法が用いられてきました。こうした外科手術を行えば、誰が見ても一目で顔の輪郭が小さくなったと見て取ることができるようになります。ただし美容整形前と整形後とであまりにもはっきりした違いが現れるため、家族や友人、また職場の上司や同僚などに露骨にわかってしまうのは嬉しくないと考える女性が近年多くなってきました。そのため美容整形クリニックでも、もっと目立たない方法で小顔に矯正できるような施術法をいろいろ考案し工夫してきたのです。たとえば、注射するだけで小顔に矯正できる美容整形法ならば、本格的な外科手術による小顔矯正の場合と比べて費用もずっとリーズナブルにおさえることができます。そうすると今までコストの面から美容整形を敬遠したり、ぜひ受けてみたいけれど先立つものがないからとあきらめたりしていた女性たちにとって、小顔に整形できるチャンスというものがぐっと身近になってきます。こうしたことから、現在美容整形クリニックでは注射による小顔矯正法が急速な広がりを見せており、今後もどんどん普及していくと見られています。注射による小顔矯正で用いられる薬剤には、顔についている余分な脂肪の代謝をうながし燃焼させる成分が調合されています。ただし薬剤の原産国や成分はクリニックによって異なるので、注射による小顔矯正の美容整形を受ける場合には、あらかじめクリニックのホームページなどでどのような成分があるか確かめ、信頼の置けるクリニックを選ぶようにしましょう。

痛みや腫れを大幅に改善

顔の輪郭がぼやけたり、むくんで見えたりするおもな原因は、知らず知らずのうちに顔に脂肪が蓄積されてしまうということです。ほおに脂肪がつきすぎるとむくんで見え、あごの下などに脂肪がたまると二重あごになります。こうしたことが原因で、顔が大きくなったように見えてしまうのです。したがって、ほおやあごの下などに蓄積されてしまった脂肪をどかすことができれば、すっきりと引き締まったフェイスラインを取り戻すことが可能です。この目的のために開発された美容整形法が小顔輪郭注射と呼ばれている方法です。注射を使った小顔矯正には、ボトックス製剤を顔に注射するという施術法もあります。ボトックスは筋肉を麻痺させる作用を持っているので、筋肉が萎縮したことによる結果として小顔に見えるというものです。また、余分な脂肪を溶解させて小顔にする注射も以前から行われていましたが、これまでの注射は脂肪溶解注射と呼ばれるもので、注射をした後に腫れや痛みの出ることが問題となっていました。そこでもっとも新しい小顔輪郭注射では、脂肪を溶かす薬品ではなく燃焼させて老廃物の排出を促進させる薬品を注入剤として使うのが特徴となっています。この改良された注入剤の使用によって、これまで患者を悩ませてきた痛みや腫れなどの問題が解決されました。新しい注入剤は血液やリンパ液の流れを活発にする働きを持っているので、顔の内部にたまった脂肪やそれとともに蓄積された老廃物が体外へと流れ去るのを促進する作用があるのです。