夢のフェイスラインを実現

顔

まずは施術法を知ろう

小さく整ったフェイスラインは、今や美人の第一条件の一つになっています。ほんの少し今より小顔になるだけで、目鼻立ちがくっきりとして、全身のスタイルも良く見えてくるから不思議です。小顔整形を希望される人が増えるのも、納得でしょう。人気の小顔整形ですが、その施術には様々な方法があり、それぞれに特徴があります。その個性をよくつかんで、自分に合った施術を選択することが、理想の小顔を手に入れるために最も重要なポイントでしょう。小顔整形は大きく二つに分かれます。メスを使用する施術とメスを使用しない施術です。メスを使用しない、いわゆるプチ整形の代表的な施術は、ボトックス注射と脂肪溶解注射でしょう。ボトックスは筋肉の緊張を解くことで、脂肪溶解注射は文字通り脂肪を除去することで、張ったエラやぷっくりとした頬を目立たなくしてくれます。それぞれ性質は異なっていますが、どちらも注射するだけという手軽さなので、ダウンタイムをほとんど考える必要がありません。施術時間もわずか10分から15分程、会社帰りに気軽に受けることができます。しかし、骨格を小さくしたいという場合には、やはりエラや頬、顎などの骨削りでしょう。小顔整形というとほとんどの人がこの骨削りを思い浮かべるのではないでしょうか。骨削りは劇的に顔の印象を変えることが可能です。しかもその効果は半永久的に続き、今は口の中から施術を行うため、傷跡は外からでは全く分かりません。最も確実に小顔になれる施術と言えるでしょう。様々な方法、スタイルがある小顔整形、じっくりと自分に合った施術を探しましょう。

自分を知れば結果が出る

一口に小顔整形と言いましても、様々な施術法があり、それぞれに特徴があります。自分の理想とするフェイスラインを手に入れるためには、どんなことに気をつけたらよいのでしょうか。まず、施術を受けるうえで最も大切なことは、自分の顔の特徴をつかむことです。顔が大きいと言っても、何が原因でそう見えるのか、それは一人一人違っています。エラが張っている方もいれば、頬の所にタップリとお肉がついているため、という方もいるのです。それを解消できる施術でなければ、受けても効果は薄いと言えるでしょう。例えば、同じプチ整形のボトックスと脂肪溶解注射を見てみましょう。ボトックスは筋肉の緊張を解き、動きを抑えることで、効果を発揮してくれる施術です。エラが張っていると言いますが、実は骨が出ているだけではなく、筋肉が発達していることにより、張った状態になっている場合が多々あります。こうした方にボトックスを注射すれば、大きな効果をあげることができますが、反面顔に脂肪がたくさんついていることで顔が大きく見える方には、脂肪溶解注射の方が効果が高いでしょう。また、見た目の顔の大きさというのは、単に大きい・小さいという物理的な問題だけに限りません。顎がスッとシャープで、バランスの良いラインでしたら見た目にはすっきりと小さく見えるでしょうし、逆にバランスが悪いと大きく見えてしまう場合もあります。ですから、小顔整形を受ける時には今の自分の状態と、施術後のバランスを考えて、医師とよく相談する必要があるのです。量の問題よりも質の問題、と言えるでしょう。自分を知り、自分の理想を知る、そうすれば小顔整形はきっとあなたに満足のいく結果をもたらしてくれるはずです。